FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

創作その5 オフィスの嬲りもの

Category: 創作  03/04 /2011 (Fri)

オフィスの嬲りもの

吉野弘子・人事課長「お前ね。営業部の山田啓太、またミスしたのね。この役立たず!! ほら、何を黙っているの? お前みたいに失敗ばかりされたんじゃ、お前を採用した私たち人事部の担当者の手腕が疑われちゃうのよ。お前の上司の高橋美也子部長からも、ほら、どんなに恥ずかしい目に合わせてもいい、っていう承諾書ももらっているの」

illust01


山田「うう、恥ずかしいです・・・」
弘子課長「そりゃ、恥ずかしいでしょうね。私の前で、しかも会社の中で全裸でチンポ勃起させているんですものね、ふふ。すっかり丸見えよ。お前のいやらしく膨らんだ亀頭から、チンポのそり具合まで・・・あははは。せっかくだから、お前のこの人事資料にこの格好の写真を撮って、参考につけておきましょうね。それとも、食堂の掲示板に出しておこうかな。ふふ、もうすぐ昼休みだし、その方が楽しそうね」
山田「うう・・・」

弘子課長「でも、お前、そんな恥ずかしい格好させられているのに、どうして、こんなに興奮しているの? お前、反省してないんじゃないの?」
山田「い、いえ、反省しております・・・信じてください」
弘子課長「どうだかね。反省しているのなら、そこが勃起しているのは、どういうわけかしら? おかしいわね」
山田「うう、身体が、身体が勝手に・・・反応してしまって・・・申し訳ありません・・・」
弘子課長「あら、お前は、裸にされて、辱められると興奮しちゃうのかしら? もしかして、お前、マゾなの? あらあら、いやらしい汁までこぼれてきたわ。そうなのね。お前、実はこういう風に弄ばれるとどうしようもなく興奮してしまうオスマゾなのね!」
山田「ううう」
弘子課長「どうなの? お前、マゾなの? 答えなさい!!」
山田「・・・」
弘子課長「聞かれたことには答えるものよ、いやらしいオスのくせに!! こんな格好でビンビンに勃起させて」
山田「うう、申し訳ありません・・・私、山田啓太はマ、マゾ・・・ですう。オスマゾなんですう・・・」

弘子課長「ふふ、やっぱりね。だったら、マゾのお前にはもう、うれしくてたまらないでしょう? 私がお前の恥ずかしい姿をじっくり観察してあげてるんだから。ほら、チンポがひくひくしてるよ。ああ、オスマゾのいやらしい匂いがぷんぷんしてるよ」
山田「・・・う、うれしいですう」
弘子課長「あははは、この変態!! 馬鹿なやつ!」
山田「ああ・・・」
弘子課長「ふふ、変態呼ばわりされたとたんに、あえぎ声か。ははは、そんなに切ないか? しかし、お前がこんなオスマゾだったとはねえ。早速、営業部長に報告しないといけないわね。お前、きっと明日から、営業部で女性社員の奴隷にされるわね。きっと営業部の中では全裸を命令されるわね。そして、お茶くみからマッサージ、昼休みには、思いっきり犯されるわ。高橋部長、実は男を嬲るのが大好きらしいわ。運がよければ、このチンポが擦り切れるまでいたぶってくれるかも知れないわ。それとも、お前の舌を思う存分に使って、性欲処理の道具にするかしら。ふふ。どう? お前、うれしいでしょう」
山田「は、はい」

shacho-illust


弘子課長「そうだ、このまま、営業部に行きましょう。まずは、この恥ずかしい格好でも勃起させているお前のオスマゾぶりをみんなにお披露目しなくちゃね。営業部の山田がオスマゾだってことを教えてあげないとね。これも私たち、人事部の大切な仕事だわ、ふふ。みんな大騒ぎよ、きっと。女性社員が30人もいる部屋にお前が全裸で登場するんだものね。しかも、チンポに血管浮かせて、おまけに先っぽをヌラヌラ濡らしてね。傑作だわ」
山田「うう、恥ずかしいですう。どうか、どうか、それだけは・・・」
弘子課長「ふふ、許してほしいの? でも、うそはいけないわね。お前の身体は、みんなに見られて馬鹿にされたいって、必死に背伸びして、おまけに泣いてお願いしてるじゃないの。違って?」
山田「ああ」
弘子課長「ふふ、オスマゾ!! お前の身体は、そういう身体なんだよ!! 全裸で見世物にされたい、って、お前のチンポが哀願してるんだよ」
山田「うううう」
弘子課長「さあ、行くわよ。女性社員全員にお前のマゾぶりを見てもらいなさい。でも、射精は許さないわ。どんなに嬲られても、我慢するのよ。切なくて、気が狂うはずよ。彼女たち、ストレスたまっているから、お前のチンポを嬲り尽くすでしょうね。ふふ、マゾのお前がどこまで耐えられるかしら。どんな惨めな顔になることやら、ああ、楽しみね」

スポンサーサイト
[PR]

Theme: SM(女王様とM男) Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。