FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

創作その3 Femdom テレビ

Category: 創作  01/11 /2011 (Tue)

午前10時55分放送:5分間クッキング

池上清美アナ「さあ、きょうの5分間クッキングは、視聴者の皆さんからご要望の多かった男のアナルの料理法です。男アナル料理専門家の石田妙子先生に、お願いしました。石田先生、よろしくお願いします」

妙子先生「よろしくお願いします」

清美アナ「まずは、準備していただくものですが、このフリップにまとめてみました。皆さんのご家庭にあるものばかりですね」

男1匹
スキン適量
ローション大さじ1杯
浣腸器
浣腸液1000cc
アナルバイブは大きめのを1本
大きめのボウル
大きめのクッキングシート
花少々

妙子先生「男の数も、ご家庭の女性の人数に応じて、基本的に女性1人に男1匹を目安にしていただければいいですね。バイブはお好みによって、小さいサイズでも結構ですし、バイブの代わりに、お好きなペニスバンドでもいいですね」

清美アナ「これは、視聴者のお好きなものを用意していただければいいわけですね」
妙子先生「そうですね。料理に慣れている皆さんは、むしろペニスバンドの方がよろしいかとも思います」

清美アナ「それでは、先生始めてください」

妙子先生「まず、用意した男をよくむいて、きれいに水洗いしてください。このとき、男の肛門に、いらないカスが残らないように洗剤を使ってください。そして、洗い上がった男をまな板に乗せて、仰向けにして手を大きく広げた形で固定します」
清美アナ「これは、料理の最中に、男が跳ね回らないようにするためですね」
妙子先生「そうですね。そして、足の部分をこのように高く上げて、頭の方に折り曲げていきます。こうすると、男の股間が丸出しになって、料理しやすいわけです」
清美アナ「はい、よくアナルがむき出しになっています。このとき、少々、アナル周辺に毛がついている場合は、お好みに応じて剃り落としておいた方がいいかも知れませんね」

妙子先生「そして、浣腸セットを準備いたします。グリセリン液をお湯で薄めていただければ結構で、この味つけも、お好みに応じて変えていただければいいですね。そして、この注射型の浣腸器でゆっくりと肛門から注入していきます。この場合、アナルから中に入れた浣腸液が絶対逆噴射しないように、浣腸器の出し入れの際に、女性はよく注意した方がいいですね」
清美アナ「このときの味付けですが」
妙子先生「はい。浣腸のときに、少しずつ空気を入れてください。空気浣腸を少し加えますと、あとで排泄のときに、ぶりぶりという大きな破裂音が出るようになるので、料理に彩りが加わりますね。お好みに応じて、空気を入れるようにします」

清美アナ「わかりました。それで、浣腸液を入れてから、どれぐらい寝かせておけばよいでしょう?」
妙子先生「通常は30分程度でけっこうです。その間に、男の腹部を足で押したりするのも、よいですね。そうすれば、脂汗が全身から滲んで、苦しんで、料理が一層おいしくなります」

清美アナ「はい。それでは、浣腸後30分たった男をすでに用意してあります。よく脂汗が浮いて、おいしそうになってますね」

妙子先生「この男の股間にボウルをあてがって、中の浣腸液と排泄物を取り出します。もちろん、勢いよく飛び出しますので、下にシートを敷いておいた方がよいですね。男を別室に入れて、排泄させても結構ですが、このときも、女性はじっくり排泄の様子をのぞきこんでやるといいですね。排泄の様子を細かくみて、お好きな言葉で男に伝えてあげてください。そのことで、料理が一層引き立ちます」
清美アナ「やはり、料理には愛情のスパイスが必要というわけですね」
妙子先生「ふふ、そうですね」

清美アナ「ああ、たくさん出ましたね」
妙子先生「そして、あと数回浣腸液の注入と排泄を繰り返してください。そうすれば、男の腸内がきれいになります」

清美アナ「はい。ここに、3回ほど浣腸を繰り返した男を用意してあります。クスコで中をのぞいても、すっかりきれいになっているのがわかります」

妙子先生「そうしたら、女性は人差し指か中指にスキンをつけていただいて、ローションを少しつけて、ゆっくり肛門に指を入れて、中をゆっくりかきまぜてください。中から緩める感じでやればいいですね」
清美アナ「このとき、男が声を上げたり、チンポが変に興奮して大きくなったりした場合は?」
妙子先生「たいてい、このときには、そういう反応があります。むしろ、そういう反応が出るようにかきまぜてやります」

清美アナ「では、こちらに十分アナルをかきまぜた男を用意しました。すっかり、興奮してチンポからよだれをたらして、苦しそうな声を上げていますね」

妙子先生「そうしたら、用意したバイブをゆっくり入れて、あとはお好みによって、激しく出し入れするなり、ペニスバンドを挿入するなりして、アナル料理を味わっていただければいいですね」
清美アナ「よくわかりました。そして、このお花はどうしましょうか」

妙子先生「はい、女性が十分に料理を味わいましたら、最後に足を十分に頭の方向に折り曲げて、お尻を高くし、肛門にこのお花をさして、花瓶のようにお花を生けます。料理を十分に楽しんだあとは、休憩しながら、その姿を鑑賞していただければよいでしょう」

清美アナ「なるほど、これがデザートになるわけですね」
妙子先生「そうですね」

清美アナ「さあ、視聴者の皆さん、いかがだったでしょう。きょうは石田妙子先生による男を使ったアナル料理でした。あすのこの時間は、ろうそくを使った男料理をお送りする予定です。準備していただくものや、詳しい解説は、FTVから出版されています雑誌・5分間クッキングにも掲載させておりますので、参考にしてくださいね。それでは、きょうはこのへんで、ごきげんよう、さようなら」

スポンサーサイト
[PR]

Theme: SM(女王様とM男) Genre: アダルト

Comments (1) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

期待しています

復活、おめでとうございます。

見たことはないのですが、その手のサイトで伝説的なサイトだったと聞き及んでいます。
できれば、旧作も読んでみたい!!

Posted at 19:14:51 2011/01/26 by yanayan

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。